FC2ブログ

食事法その47 ダイエットレシピ4【昆布の炊き込みご飯】

今日は出汁とった昆布を使って炊き込みご飯をつくりました、ダイエットレシピ4【昆布の炊き込みご飯】です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※はじめてこのブログを見る方はどうか食事法その2(時間をはかる)
を見てください、このブログのダイエット法の基本がかかれています(スローイート法)
一食を良く噛んで摂り、20分かけることで満腹感を6時間持続させ、一日のカロリー量を抑えるという方法です

それと、僕のビフォーアフター写真はフォトショップでいじってないし、わざと太って撮ったりとかは一切ないです、あたりまえですけど、糖尿病だし。。ww

何もサプリとか高額の商品売るとかそういう気はさらさらないですからww

2型糖尿病を診断された僕の考えたダイエットは、人間の体の中には体調を健康に保つスイッチ(僕の場合は満腹中枢)がちゃんとあって、そこをちゃんと押してあげれば、サプリとか偏った食材とか摂らなくてもできるんじゃないかと思い立ち、実践してみたところ、簡単に出来ました。

今も体調管理のため続けています。身長183センチ 体重75キロでキープ、
ヘモグロビンA1cは糖尿発覚時10.4 現在5.4、糖尿の薬は一回も呑んだことないです、
もちろんリバウンドもなしです。(2ヶ月に一回経過診療のため病院に通ってます)※

参考になればと思いブログで発信しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、食の見直しから食の充実に進行して行ってます、でもそれは高い食材とか、高い調味料とか
高い器具とかを使っての充実ではなく、むしろその逆の、素材の味を活かした、素朴で簡単で
少なくとも僕の2型糖尿病には効果のある食事であり、スローイート法で食べると
さらにおいしくいただけるものをテーマにレシピを工夫し公開していきます。
(そしてこういう食事をスローイート法で摂る事が、僕の場合結果的のダイエットに繋がっていってます)

ーーーーーーーーーーーーダイエットレシピ4【昆布の炊き込みご飯】ーーーーーーーーーーーーーーーー
【材料】
昆布の出し殻 150g:米 2合:16穀米 一袋:きぬさや 50g
醤油 大さじ3:酒 大さじ1:塩 大さじ1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず米2合をさっと洗い、16穀米1袋をまぜます
P1000082.jpg

醤油 大さじ3:酒 大さじ1:塩 大さじ1
そして、出し殻昆布をキッチンバサミで細かく切り、炊飯器に入れ炊き上げます
P1000083.jpg

米を炊いてる間に、きぬさや50gを、筋を取り、細かく切ります
P1000084.jpg


炊き上がりました
P1000085.jpg

炊き上がりにきぬさやを入れ
P1000086.jpg

蓋をして5分待ちます
P1000087.jpg

5分たったら蓋を開け混ぜます、出来上がり!簡単!!!
P1000088.jpg

茶碗に盛り
P1000090.jpg

今日のおかず&味噌汁と一緒にいただきまーす!
P1000089.jpg

出汁の素使わなくなってから、食事が充実しました、

味の素(グルタミン酸ナトリウム)で味を覆い隠すのではなく、出汁がそれぞれの素材を引き立ててくれるので
本当に口の中でハーモニーを奏でてくれてるような楽しみ、

そして食後が、おなか一杯だけど、
おなかにはもたれてない感覚で一日を過ごすことが出来ます。

この方向の食事にこそ、スローイート法(両顎でよーく噛んで味合うこと)がとてもよく合うと思います、
食材のうまみを、噛むことでさらに引き出すことが出来ます。

これからもこの方向で食を充実させて行こうと思っています、お付き合いの程よろしくです!

最後に今日のメカブ(犬 パグ)とリンゴスター(猫 八われ)
P1000081.jpg






テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

村山竜二(JUDO-MAN)

Author:村山竜二(JUDO-MAN)
音楽家村山竜二(JUDO-MAN)です
摩訶不思議デジタルロックバンドASTRO-Bのリーダーであり
作詞 作曲 編曲 劇伴制作 
トラックメイキングと
多岐に渡って音楽の仕事をやっています。

村山竜二(JUDO-MAN)オフィシャルHP
http://www.judo-man.com/
ASTRO-BのHP
http://www.astro-b.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード